素材へのこだわり

吉田カレーでは、欧風カレーで使用する牛脂は使わず、豚のコラーゲンを使用し、バターも従来の使用量の半分程におさえています。代わりに野菜と果物をふんだんに使い、後味の良いコクを出した、コラーゲンと食物繊維たっぷりの体に良いカレーです。複数の種類の芋をブレンドしたポテトサラダなど、素材にこだわり、味と香りを活かしたお食事を提供しております。

白米

お米は、有機・減農薬栽培のクリーンでおいしく、安心して食べていただける、青森県産『まっしぐら』を使用しています。弾力と歯ごたえのあるしっかりとした食感と余計な粘り気がないのが特徴で、食べ応え十分。噛む度にお米本来の美味しさを味わうことができます。

スパイス

香りよりも味をつけ、長時間煮込むことにより「とろみ」を生むコリアンダー。食欲が湧く香りで、古くから使用されているスパイス、クミン。黄色の着色性とわずかな土臭い芳香が特徴のターメリック。辛味のない唐辛子の一種で、甘酸っぱい香りとほろ苦さが特徴のパプリカ。これらの他にも数種類を調合し、カレーに最適なオリジナルスパイスを使用しています。

トマト

果物同様にトマトも熟すにつれて甘い香りを発します。糖度が高いため食べた瞬間にトマトとは思えない甘さが口の中いっぱいに広がり、酸っぱすぎない適度な酸味がトマトの甘みと旨みを引き締めます。

フルーツ

バナナやりんごなど数種類のフルーツをふんだんに使っているので栄養価が高くとてもヘルシーです。フルーツの甘みと後からくるスパイシーな辛さが溶け合った味をご堪能ください。

じゃがいも

ポテトサラダに使用している芋は、季節ごとに一番美味しいものを選び、複数の種類をブレンドしています。手間隙かけてつくられた本格派のポテトサラダは、濃厚な味に仕上げています。

スープ

カレーに使用するスープは、野菜と果物をベースに豚のコラーゲン、魚介類のうまみ成分(イノシン酸、コハク酸、グルタミン酸)が詰まっています。食物繊維とコラーゲンたっぷりの体に良いカレーに仕上がります。